企業買収を行なうべきか~その理由をチェック~

M&Aのメリット

女の人

企業価値評価を利用するメリット

企業価値評価はコストアプローチとインカムアプローチ、マーケットアプローチの3タイプに分類されます。コストアプローチやインカムアプローチと言われる方法は、当該企業の資産的な価値を表示することになります。マーケットアプローチは、当該企業の強み、弱み、特長、戦略などを読み取ることができ、理想的には当該企業の多面的な理解が必要であるため3つのタイプの情報を活用して、方針を決定することが望まれます。

優秀な合併仲介会社の選び方

M&Aについて未経験である会社のケースを想定します。目的は「優秀な合併仲介会社」を見つけることですが、この裏側にはリーズナブルな価格で指導、支援、援助、紹介などを実行してくれる会社ということになります。まずは、客観的に合併に関する作業、期間、費用、労力などを理解する必要があります。このためには、自社が所属している商工会議所に相談することが望まれます。但し、合併活動を極秘で進める必要がある場合は、信用できる個人的関係にある人に相談することが優先します。自社の公認会計士や税理士が該当することもあります。一般的には信用のある公認会計士事務所が該当しますが、自社の置かれている事情、環境を十分理解し、話を進めてください。こうした際は、長年交際のある友人の存在も忘れないでください。

M&Aを行なった方がいい理由!ベスト3

no.1

自事業の川下、川上分野の変化の活用が可能

M&Aを検討・実施すると、検討対象企業の企業価値評価情報、企業買収・企業合併のメリット、デメリット情報を入手することになり、自企業の川上分野、川下分野の企業活動や市場の変化を活用ができます。

no.2

情報入手につながる

同業または異業種事業の企業価値評価、企業買収、合併の動きなどの情報は、各企業の市場変化への対応策が読み取れ、自社の新しい発展の展望にヒントを与えてくれます。

no.3

新しい発展に成功した企業の足跡を学べる

M&Aを検討・実行の動機は多くの場合、競争社会で生き残る新しい戦略を求めて検討されます。この場合、自企業を中心とした各種情報入手活動の実施がまず行なわれます。これに別の角度から知見を与えるのが他社の成功例です。

[PR]

企業買収をプロにサポートしてもらおう
優良店の情報を要チェック!
広告募集中